書類を印刷する電子機器として、コピー機がオフィスなどで普及してきました。どのような注目すべき点があるかどうか、知ってみるだけの価値があります。

postheadericon コピー機の販売の価格

身近な印刷機器であるコピー機

オフィスで使用するコピー機は、本格的なものであれば、相応の値段がつけられています。
しかし、広く世間に普及したことによる量産効果や、技術革新によって、製品価格にも安価なラインナップが増えています。
機能性と値段を比較して、種類を選ぶ可能性が広がっています。

コピー機のデータの安全性

コピー機は、印刷する対象物の画像データを、一時的に内部に記録します。
これまでは、そのデータが内部に一時的に保持されたままになっていました。
このことが、情報漏洩のリスク原因として取り上げられるようになりました。
こうした事情により、現在の製品では厳密な印刷のデータ管理がなされています。

コピー機の消耗品交換

コピー機で書類などを印刷するとき、印刷する対象である紙だけでなく、各種の消耗品の使用が不可欠です。
印刷のためのトナーは、印刷するたびに費やされる消耗品の代表的な存在です。
その他、ドラムなどの交換すべき消耗部品の存在が各種ある事から、定期的な点検と交換を必要とします。

これからのコピー機の役割

書類の電子化が進み、必ずしも全ての書類を印刷する必要がなくなっています。
しかしそれでも、紙の書類が今後オフィスなどから消えるという事はありません。


そのため、これからのコピー機の果たすべき役割を認識して、さらに活用できる方面への機能などの充実を図っていく事が重要です。

postheadericon リサイクルトナーでご家庭でもレーザープリンタ

リサイクルトナーはエコ商品

リサイクルトナーとは、コピー機やレーザープリンタから使用済みのトナー容器を回収し、分解洗浄して新しいトナーを充填したものです。

容器を再利用して消耗した分だけ足しているので使用済みの容器が無駄になりません。

価格はプリンターのメーカーや機種にもよりますが、純正品のトナーに比べて5割から9割も安く販売されています。

リサイクルトナーの入手方法

リサイクルトナーは大手の事務機器や文具事務用品の販売店で扱っている他、専門の業者が直接ネット販売をしています。

それらのお店はどちらかというと事業所向けですが一般でも買えますし、またネットオークションにも数多く出品されています。

いずれも使い終わったトナー容器は無料で回収してくれます。

レーザープリンタは子育てにもお役立ち

インターネット上にはぬりえや点つなぎ、学習プリントなど様々な印刷向けPDFコンテンツがあります。

特にぬりえは大人気で、いくらでも印刷してほしいとせがまれます。

こんな時、リサイクルトナーを使っていれば惜しげもなく好きなだけ印刷してあげることができます。

こんな時にもレーザープリンタ

他にも料理のレシピをネットで調べた後に、スマホやタブレットをキッチンに持っていって見ようとしても濡れた手でスクロールできなくて不便です。

レーザープリンタで出力すれば、一目で全文が見渡せる上に濡れてもにじまないし、作り終わった後にファイリングしてお気に入りのレシピを編集しやすく便利です。

リサイクルトナーなら気になったレシピをどんどん印刷したくなります。

まだまだ紙の出番はなくならない

パソコンやスマホは便利になりましたが、ふつうはその中で完結する物事しか扱えません。知識や創造を外に持ち出すために一番楽なのが印刷することです。
レーザープリンタとリサイクルトナーの組み合わせで、費用をかけずに子供から大人までネットの知的財産を共有できます。

postheadericon 印刷の歴史と種類について

印刷方法の歴史について

印刷は、紀元前から行われており、始まりは紀元前4000年頃のバビロニアで行われていた、押圧式の瓦書だと言われています。

紙に行われるようになったのは、7世紀末から8世紀の中国であり、木版で行われていました。

15世紀頃には、技術が大きく発展し、ヨーロッパ各国に専門の事業所ができました。

19世紀頃には、日本にも新しい技術が伝わり、専用の機械が使用されるようになりました。

様々な印刷の種類について

印刷には、あらゆる手法があり、素材やデザインによって使い分けられています。

一般的に一番多く使われているのは、アルミ板の版板で行われるオフセットプリントです。

布、皮、ゴム、金属、などの紙以外の特殊な素材には、スクリーンプリントが多く使われます。

ミシン目などの、特殊な加工が行われる場合は、フォームプリントが主に使用されます。

印刷の便利性と楽しさ

印刷技術は、現在の豊かな生活をおくる上で、欠かすことのできないものです。

近年では、個人で好きなデザインを紙などにプリントできる、家庭用のプリンターが、販売されているため、手軽に自作の年賀状やシールを印刷することができます。
インターネットが普及したことにより、専門業者にも昔より依頼しやすくなったため、自主制作の本などを制作する人も多いです。